老けないための紫外線対策

紫外線の害より日焼け止めの害のほうがまだマシ!

日焼け止めは肌に負担がかかります。

敏感肌など肌が弱い人は刺激になるから使えなくて困っているという人もいるでしょうし、皮膚科の先生のなかには日焼け止めを塗らずに日傘や帽子、UVカットの衣服で紫外線対策するように勧める人もいるぐらいです。

ただ日焼け止めの肌への刺激が強いからといって使わないと、紫外線の影響をモロに受けてしまうことになります。 日焼け止めは肌によくないけれど、紫外線の害に比べるとまだマシというのが日焼け止めの立ち位置なんですね。

そんな必要悪的な日焼け止めを選ぶときというのは、とにかく刺激の少ないものを選んで肌への負担をできるだけ減らすということが非常に重要なポイントになります。 刺激の少ない肌にやさしい日焼け止めってどんなの?ということですが、

・紫外線吸収剤フリー・ノンケミカルの表示があるもの
・敏感肌ブランドのもの、あるいは敏感肌処方のもの

というのが一応の肌にやさしい日焼け止めを見つけるときの目安になります。

また、肌への刺激を考えるとできるだけ吸収剤や散乱剤が肌に接触しないほうがいいので、 吸収剤や散乱剤がカプセルに包まれていたり、コーティングされているなど低刺激設計になっている日焼け止めやUV機能付きのファンデーションを使ったほうがいいです。

肌にやさしい日焼け止めの塗り方

肌にやさしい日焼け止めを選んだ後は、肌にやさしく塗る必要があります。

まずはじめにしなければいけないのが保湿です。肌のバリア機能を整えてダメージを受けにくい状態にしてからのほうが肌への負担を減らすことができます。 その際、ビタミンC誘導体など抗酸化力を高めてくれる有効成分も補えるとより効果的な紫外線対策ができます。

日焼け止めの塗り方としては紫外線を浴びやすい頬骨のあたりや、おでこ・鼻といった高い位置にあるもの、こめかみなどシミが気になる部分には重ね塗りしてください。 特に頬は紫外線を浴びやすいことに加えて無意識に触って日焼け止めが落ちやすい部分なので念入りに塗りましょう。

ただ、念入りにとっても肌をこするようなことがあってはいけません。肌をこする刺激で炎症が起こり色素沈着を招くことがあるからです。 薬指を使うと自然とソフトタッチになるはずです。出来るだけやさしく塗るように心がけてください。

それから肌への負担を考えると日焼け止めを落とすときにも注意が必要です。

ウォータープルーフなど落ちない日焼け止めは、強力なクレンジング剤が必要になり、それが肌に大きな負担をかけて乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを招く原因にもなので、 そうした点から考えても落としやすい日焼け止めを選ぶことも肌への負担を減らすことになると思います。

日が暮れれば日焼け止めはもう必要ないのでできるだけ早くに落とすに越したことはありません。肌の長時間のせておいても負担になるだけですから 日が暮れてすぐは無理でも1日の終わりには忘れずに落とすようにしましょう。

「老けない日焼け止め3原則」のその他メニュー