老けないための紫外線対策

日焼け止めの紫外線カット効果は時間とともに落ちていく

日焼け止めの使い方で非常に重要になのが「こまめに塗り直す」ということです。

日焼け止めの成分には散乱剤と吸収剤があります。散乱剤は吸収剤に比べて肌への負担が少ない特徴がありますが、粉体ということもあり、 汗で落ちやすいためこまめに塗り直す必要があります。

一方の吸収剤はというと、液状なので汗には比較的強いのですが、特徴である紫外線を熱にして逃がす機能は紫外線を浴びるたびに低下していきます。

こうした特徴をみてもわかるように、散乱剤と吸収剤のいずれの日焼け止め成分を配合しているものであっても日焼け止めはこまめに塗り直さないとその効果が薄れるということになります。

UV機能のあるファンデーションやBBクリームなどを使っている場合も一緒です。

汗や皮脂、あるいは肌のキメが乱れていたりすると化粧崩れしやすくなりますが、 化粧崩れするということはUVケアもくずれているということですから、そのまま放置してしまうと、確実に紫外線ダメージを受けてしまうことにつながります。

メイクがくずれてきたな?と思ったらこまめに塗り直すようにしましょう。

日焼け止めの超簡単・塗り直し術

日焼け止めをこまめに塗り直したほうがいいとわかっていても実際やるとなるとなかなか面倒です。 理想は2〜3時間ごとに塗り直したほうがいいといわれているので、それをやるには無理のない方法じゃないと続きません。

いちいちメイクを落として塗り直すなんて方法はまず続かないと思います。

そんな面倒なイメージがある日焼け止めの塗り直しを誰でも簡単にスピーディに行う方法として紹介したいのが「UVパウダー」を使う方法です。 おそらくこれが一番簡単な方法だと思います。

やり方ですが、肌の表面に浮いている汗や皮脂を軽くふき取る、あるいはメイクの崩れた部分をティッシュなどで軽く押さえてからUV効果のあるルースパウダーを塗るだけです。

粉おしろいというだけあってサラサラして肌になじみやすく、それでいて刺激もなく、メイクの上に重ねても厚ぼったくならず、肝心の紫外線もしっかり防げます。 塗り方にムラがあるとまだら焼けしてしまうことがあるので、スポンジやパフを使ってムラなく塗りましょう。

シミのある部分や頬やおでこなどの特に紫外線があたる部分は重ね塗りするのがポイントです。

同じような感じでUV機能のあるファンデーションを塗り直すというのでも日焼け止めを塗り直したのと同じ効果があります。 ルースパウダーよりもパウダファンデーションのほうが汗に強いので汗をかく季節はそっちのほうがいいかもしれません。

「老けない日焼け止め3原則」のその他メニュー