老けないための紫外線対策

肌老化は紫外線によって引き起こされる!

あらゆる肌トラブル、そして肌老化に影響しているのが紫外線です。

見た目の老化の6割から人によっては8割は紫外線による光老化が原因だといわれていて、シミやくすみ、シワ・たるみ、毛穴の開き、キメの乱れなど いわゆる「歳を取ったなー」という肌の悩みはすべて紫外線が原因だといわれています。

紫外線をまったく浴びないというのはさすがに無理ですし、それはそれでビタミンD不足など問題が起こるわけですが、 理論的には40歳でも20代に見えるという見た目に関することでいえば紫外線さえ浴びなければ可能なんですね。

これも紫外線の基本知識になりますが、地表に降り注ぐ紫外線には、主に真皮層にダメージを与えるUV-Aと表皮層にダメージを与えるUV-Bの2種類があります。

この2種類の紫外線を浴びることで肌は赤くなったり、黒くなったりするわけですがその過程が繰り返されることで細胞の遺伝子が損傷してダメージが蓄積されることで 肌の構造そのものが劣化したり、変性してしまうことになります。これがつまり肌老化です。

紫外線ダメージよって肌の構造そのものが劣化したり、変性してしまうとこれは完全に元に戻すことはできません。 そのためできるだけ早いうちから紫外線対策をして、肌に紫外線を浴びないようにすることが若さと美を保つ秘訣になるわけです。

シミ・シワ・たるみ、キメの乱れをを引き起こすメカニズム

では、具体的にシミ・シワ・たるみ、キメの乱れといった肌老化が紫外線によってどう引き起こされてしまうのかそのメカニズムを紹介したいと思います。

 

【シミ・くすみ】

紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化して肌を守るためにメラニンを表皮へ放出します。放出されたメラニンは通常、ターンオーバーによって排出されますが 繰り返し紫外線を浴びた肌はメラノサイトが増えたり、ターンオーバーの起点となる基底層の機能が低下するため、メラニンが過剰に分泌されたり、ターンオーバーが停滞してしまいます。

その結果、表皮にメラニンが沈着してシミになってしまうわけです。くすみもメラノサイトが紫外線によって肥大化することで周囲に大量のメラニンをばら撒くようになってしまうので、肌がにごり、くすんだ色みになってしまうわけです。

 

【シワ・たるみ】

紫外線のなかでも波長の長いUV-Aは肌の奥の真皮層にまで達します。この紫外線によって細胞内の遺伝子が損傷を受けるとコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を支える成分を生成している繊維芽細胞の働きを低下させてしまいます。 その結果、肌にハリと弾力が失われてしまい、シワやたるみができてしまうわけです。

さらに紫外線の刺激によって発生した活性酸素がコラーゲン分解酵素を作り、コラーゲンを破壊し、エラスチンを固めてしまうのでこれもまた肌の柔軟性と弾力が失われる原因になります。

 

【乾燥・キメの乱れ】

肌のターンオーバーの起点となる基底層の働きが紫外線の影響によって低下してしまうため肌のターンオーバーが停滞するようになり、そのせいでセラミドや天然保湿因子といった肌のうるおい成分の生成量が落ち、キメも乱れます。

セラミドや天然保湿因子は外部刺激から肌を守り、肌の内部からの水分蒸散を防ぐバリア機能を担う成分ですから、これらの成分が不足すると乾燥するようになりますし、 紫外線という外部刺激の影響をより受けやすくなるのでさらに乾燥するのはもちろん肌老化も促進されてしまいます。

 

「知っ得!紫外線について」のその他メニュー