老けないための紫外線対策

ジェルを固めるUVライトはシワ・たるみの原因になる恐れあり!

今やすっかり指先のオシャレとしてネイルカラーより人気のジェルネイル。きれいな爪先を保つために足しげくネイルサロンに通っているという方も多いでしょう。

そんなジェルネイルですが、ジェルを固めるときに当てるあの青いライトは紫外線です。UVライトとズバリ名前に入ってますからきっとご存じだと思います。

ネイルサロンのお姉さんなどは、「日に焼けない人体にやさしい紫外線ですから大丈夫ですよ」ときっと言うと思いますが、それはそうで本当のことをいったら お客さんがジェルネイルを止めてしまう可能性がでてくるからです。

まず知っておきたいのは、ジェルネイルに使われているUVライトはUV-Aというタイプの紫外線だということ。波長が長いためUV-Bのように 急激に皮膚を火傷させて日焼けさせたりしませんが、肌の奥深く真皮層にまで到達してコラーゲンやエラスチンといった弾力成分を破壊するのでシワやたるみの原因になります。

つまり、日焼けして黒くなったり、シミになったりはしませんが、シワやたるみにはなるのでシワシワの老けた手にはなるということです。 なので日に焼けないというの本当ですが肌にやさしいとか安全な紫外線というのはちょっと違いますよね。

最近はUVライトではなく、LEDライトを使ってジェルを固めるネイルサロンも増えてきているのでサロンでジェルネイルをするならLEDライトを使用しているところがおすすめ。 セルフキットの基本的に全部UVライトですから使う前は必ず日焼け止めを指先や手に塗ってから使うようにしてくださいね。

また、ジェルネイル自体が爪にはかなり負担なのでたまには爪を休息させることも必要です。

今はすっかりブームが去った日焼けサロンですが...

最近はすっかりブームも去って見かけなくなった日焼けサロンですが、日焼けサロンも肌にやさしい悪影響のない紫外線ということでUV-Aを使って肌を焼いています。

お伝えしたとおりUV-AはUVBと比べて波長が長い分、肌に対する害作用は弱いのですが皮膚組織を傷つけてしまいますし、数年経ってから シワになって出てきてしまうので、肌の健康を考えると日焼けサロンを利用することは百害あって一利なしです。

紫外線が及ぼす肌への影響」でもサラッと触れましたが、ここでもう一度、紫外線のUV-AとUV-Bについてしっかり把握しておきましょう。

UV-Aの波長は320-400nm、UVBは280-320nmになります。この波長が短くなるほど肌へのほど影響が強くなりますが、波長が長いほど皮膚の深くまで入りこむという性質があります。

日焼け(=火傷)を起こす力で比べると、UV-BはUV-Aの600〜1000倍といわれており、肌老化(=光老化)についても圧倒的にUV-Bの影響のほうが強いです。 また、UV-Bは細胞の核内にあるDNAに直接取り込まれてDNAを損傷させてしまいます。つまり皮膚ガンの原因になります。

UV-Aは直接、細胞や遺伝子を傷つけるというよりは身体のなかに吸収されることで活性酸素を発生させる原因になることが多いです。

シワやたるみの原因になるというのもUV-Aの影響によって発生した活性酸素がコラーゲン分解酵素を作り、コラーゲンやエラスチンを破壊したり、 線維芽細胞の働きを低下させてしまうなど酸化的損傷を与えてしまうのが原因です。

「知っ得!紫外線について」のその他メニュー